落雷電流波形記録装置

LWR-810形落雷電流波形記録装置

雷電流を波形で記録

LWR-810形落雷電流波形記録装置

ロゴスキーコイルによって、鉄塔脚等に流れた雷電流の波形と、雷電流が流れた日時を記録します。記録データを専用ソフトによって、CSVデータに変換することで取得データの取り扱いが容易にできます。さらに、得られた波形より電荷量も算出することができます。

専用ソフトによる表示

専用ソフトによる表示

設置例

	設置例

仕様

形式名 LWR-810形
コイル内径 500mm※1
周波数帯域 5~500kHz
測定範囲 ±30kA※1
記録時間 500ms※2
サンプリング周波数 5Msps
トリガレベル 0.5/1.0/1.5kA※3
時間精度と管理 ±0.0001秒 GPS
記録媒体 USBフラッシュメモリ
回路電圧 DC9V
動作温度 -10℃~+50℃
※1 :
変更可能
※2 :
最長
※3 :
測定範囲によって変化

カタログ・取扱説明書

名称 データ形式 データサイズ ダウンロード
雷害対策総合カタログ PDF 18.5MB ダウンロード

関連ページ

製品に関するご質問や見積依頼等お気軽にお問い合わせください

  • お問い合わせ先一覧
  • お問い合わせフォーム
  • 地震対策
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • ファシリティ
  • 建設・工事・保守
  • 雷害対策の基礎知識
  • 雷害特集
  • 雷リスク診断サービス
  • カタログダウンロード

お問い合わせはこちら 製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください