いまそこにある危機と組織を超えて

監視カメラの映像統合と運用管理を実現する監視カメラ統合管理システム
監視カメラは、事件・事故の録画はもとより、トラブルや災害時の環境把握に欠かせないツールとして建物や地区・地域への導入が普及しています。それに伴い監視カメラの運用を管理する監視センターでは、リアルタイムでの映像共有や音声・機器なども含めた統合制御、メーカーや規格を問わない入出力機能へのニーズが高まっています。昭電は、国内外の優れた製品によりシステム構築まで行う総合防災エンジニアリング力を駆使して、危機管理の際に優れた対応力を発揮できる統合管理システムのご提供を行なっています。

映像監視システムの現状と傾向

監視カメラ設置台数が年々増加

監視カメラの設置台数は年々増加しており、今や建物の出入り口だけでなく公共空間や屋外施設など至る所にカメラが設置されるようになり、それらを統合運用する施設が多くなっています。統計データからも、監視カメラ設置台数が年々増えているとともに市場が拡大している状況が確認できます。

監視カメラ国内出荷台数前年比推移グラフと監視カメラ国内出荷金額前年比推移グラフ

カメラ設置台数増加の背景

監視カメラの導入が進んだ背景として、大規模災害時の環境把握や情報収集など有用性が大きいことや、大型イベントにむけた警備強化の観点だけでなく、カメラの性能が向上・普及した同時に価格が低下したこと、アナログカメラからIPカメラへの置き換えに伴い、既存のネットワークインフラを流用し、投資を抑えることができるようになったことも導入の判断に繋がっていると思われます。

カメラ設置台数増加の背景説明図

増え続けるカメラの統合管理はVMS

従来の “見るだけ”、“録るだけ”の運用から、映像データを元にした分析やインタラクティブな運用など、企業価値を高めるための監視カメラの活用を検討している企業は増えてきています。また、増え続けるカメラを統合管理する手段として、ビデオマネージメントシステム、VMSを導入する企業は着実に増え続けています。

VMSの市場の伸び率 2016年〜2017年

 

GENETEC security center

Genetec社 VMS[ビデオマネージメントシステム]セキュリティセンター
Secutiry Center(セキュリティセンター)は世界トップレベルのセキュリティで重要施設、空港、カジノなどを守るIPベースのビデオマネージメントシステムです。小規模から数万台のカメラを管理でき、抜群のシステム安定性と高い拡張性により世界80か国余りで採用されています。また、従来の監視システムとは異なり、監視運用を行う運用者が迅速にインシデントをとらえられるよう、監視カメラの映像はもとより、各種センサーや外部システムと連携します。

コンセプト

マルチチャネルで統合監視を実現

GENETECセキュリティセンターでは、監視運用を行う運用者が迅速にインシデントをとらえられるよう、監視カメラの映像はもとより、各種センサーや外部システムと連携します。また、とらえた事象に対してのアクションをシーンに応じて設定する「イベントtoアクション」をインシデント情報に対して実行することで、インシデントに対して迅速な対応を可能にします。また、従来の監視カメラシステムとは異なり、SIP電話やスマートフォン、タブレットなどのスマートデバイスとつながり、双方向のコミニケーションが可能です。

GEBTEC Security Centerの概要図

おもな特長

監視カメラの統合だけでなく、より実効性ある運用を実現

  • 5万台のカメラ(ほぼ無制限)の統合管理が可能な中大規模向けプラットフォーム
  • 複数拠点、複数端末で映像、音声、情報を共有
  • スマートデバイスと連携し、監視カメラの導入されていない場所と映像、音声、情報を共有
  • センサー、アラーム情報を受信し、自動で次の処理を実行
  • 画像処理技術をプラグインすることにより、人手に依らず異常を検知
  • 小規模でもメリットを享受できるスケーラビリティ

運用イメージ

社会インフラ事業者での運用イメージ

監視カメラから施解錠まで、ひとつのインターフェイス上で操作・管理

社会インフラ事業者での運用イメージ

自治体防災センターでの運用イメージ

中央監視拠点から幅広い対象を自在に監視・制御

自治体防災センターでの運用イメージ

グループ/組織を超えた運用イメージ

「フェデレーション」機能により仮想的に大規模なシステム構成をとることが可能

グループ/組織を超えた運用イメージ

おもな関連製品

GWモバイルカメラ

設置場所を選ばず、ハイクオリティなリアルタイム映像監視

設置場所を選ばず、ハイクオリティなリアルタイムの映像監視が可能なソリューションパッケージです。伝送回線にはMVNO契約による上り方向(監視カメラからインターネット方向)を大容量にし、毎時1Mbps以上の高画質映像の伝送が可能です。

  • 比較的空いている上り方向を利用した大容量
  • IR、全方位、固定など条件に応じたカメラを選択可能
  • 独立電源モデルで電源なしでも活用可能
GWモバイルカメラの設置例写真
GWモバイルカメラのシステム構成例

トラップ式フェンスセンサ

フェンス等の乗り越え行為をいち早く検知し、発報

施設の敷地境界線上のフェンス等にトラップセンサを一定間隔で設置する自動復帰型の警報線センサシステムです。広域施設の警備に効果的で、監視カメラとの連動などセキュリティシステムの拡張に対応します。

  • 広大な施設の外周を遠隔モニターで監視
  • 広域施設の効率的な警備に有効
  • 監視カメラ連動システムに対応
トラップ式フェンスセンサの設置例写真
トラップ式フェンスセンサの仕組み
詳細ページを見る

広域無線システム

簡易的なライセンスバンド4.9GHz帯を利用し
干渉に強い長距離、高スループットの無線システムを構築

災害時に独自の通信インフラとして、最大40km、250Mbpsの大容量のIP通信が可能です。鉄道、船舶など移動体通信を必要とする企業や、長距離無線通信を必要とする自治体、無線による監視カメラの設置を検討している企業などに最適です。

  • 無線を利用して大容量IP伝送が可能
  • 最長40km、最大250Mbpsまでの無線伝送が可能な広域無線システム
  • 1対32のポイント・ツー・マルチポイントでの利用も可能
広域無線システムの製品外観
広域無線システムのシステム構成例
詳細ページを見る

UniSee
55インチ液晶ビデオウォール

55インチ・ベゼルレス・タイル式LCD
ビデオウォール・プラットフォーム(4K・8K 対応)

ベゼルレスの55インチ液晶ビデオウォールです。革新的なマウントシステムの採用により、パネル交換を容易におこなえます。また、24時間365日の監視運用を実現し、バックライト寿命は100,000時間と長寿命です。

  • LCDパネル間の隙間をほとんど見えないベゼルレス式
  • ⾰新的なマウント・システム
  • 均一な画像を実現する自動リアルタイム・キャリブレーション
UniSee 55インチ液晶ビデオウォールの外観
UniSee 55インチ液晶ビデオウォールの革新的なマウントシステム
詳細ページを見る

入退室管理システム

特定エリアの入退室管理からビル全体の集中管理まで、
規模・業種に応じて最適な入退室管理システムを提供します

ICカードを利用したカードゲートシステムを提供します。実験室など特定エリアへの入退室を管理するタイプから、高層ビルを集中管理する大規模向けまで自由にシステムを構築でき、管理の省力化とセキュリティの強化を図れます。

  • 規模や目的に応じた入退室管理システムを導入工事まで含めてご提供
  • シンプル・多機能・省施工、ユーザ3万人まで管理可能
  • SecurityCenterとの連携も可能
入退室管理システムの使用例写真
詳細ページを見る

制御システムのセキュリティ対策

プラント、製造ラインの安定運用を実現する制御システムにおけるセキュリティ対策

プラント、製造ラインの安定運用を実現する多層防御ソリューション

制御システムにおけるネットワークセキュリティは、サイバー攻撃による影響がその企業だけでなく、社会全体に及ぼす可能性があることから、早急な整備・対策が迫られています。昭電は、今までさまざまなネットワークインフラ構築に携わってきました。その経験を活かした、昭電の提供する制御システムのセキュリティ対策についてご紹介いたします。

詳細ページを見る

デモンストレーションルームのご案内

重要施設向けセキュリティ製品デモンストレーションルーム ソリューションラボ

重要施設の安全強化向け総合ソリューションを実証体験できるラボ環境

昭電ではお客様に実際にシステムをご覧いただき、活用イメージや使い勝手を体験していただける各種ソリューションのラボ環境をご用意しています。お客様のご利用イメージ、用途にあわせたデモンストレーションが可能です。

詳細ページを見る